ソーシャルネットワーキング
SOUNDS BRASS AND AYOTTE BLOG NY times和訳

2014'02.23 (Sun)

NY times和訳



Worst Spill in 6 Months Is Reported at Fukushima

http://www.nytimes.com/2014/02/21/world/asia/worst-spill-in-6-months-at-fukushima.html?action=click&contentCollection=Asia%20Pacific®ion=Footer&module=MoreInSection&pgtype=article&_r=0

TOKYO ― About 100 tons of highly radioactive water leaked from one of the hundreds of storage tanks at the devastated Fukushima nuclear plant, its operator said Thursday, calling the leak the worst spill at the plant in six months.

The operator, the Tokyo Electric Power Company, said the leak, discovered on Wednesday and stopped on Thursday, happened far enough from the plant’s waterfront that none of the radioactive water was likely to reach the Pacific Ocean, as has happened during some previous spills. Still, the leak was an uncomfortable reminder of the many mishaps that have plagued the containment and cleanup efforts at the plant, as well as the hundreds of tons of contaminated groundwater that still flow unchecked into the Pacific every day.

The company, known as Tepco, said it had traced the latest leak to a pair of valves that were left open by mistake.

RELATED COVERAGE

video Video: Losing Hope in FukushimaOCT. 1, 2013
The leaked water was among the most severely contaminated that Tepco has reported in the aftermath of the March 2011 disaster at the Fukushima Daiichi plant, when damage caused by an earthquake and a tsunami led to meltdowns in three of the plant’s reactors. Each liter of the water contained, on average, 230 million becquerels of particles giving off beta radiation, the company said. About half of the particles were likely to be strontium 90, which is readily taken up by the human body in the same way that calcium is, and can cause bone cancer and leukemia.

Launch media viewer
The Tokyo Electric Power Company said it had traced the latest leak to a pair of valves that were left open by mistake. Tokyo Electric Power Co., via Associated Press
That means the water was about 3.8 million times as contaminated with strontium 90 as the maximum allowed under Japan’s safety standards for drinking water. It also showed levels much more radioactive than a worrisome groundwater reading that Tepco announced earlier this month. That reading ― five million becquerels of strontium 90 per liter ― which was detected at a location closer to the ocean than the latest spill, prompted criticism of Tepco because the company waited five months to report it publicly.

Critics have assailed the company since the accident, saying that it has been slow to acknowledge problems at the stricken plant and that it has disclosed too little information about the conditions inside. Even so, the government has left the company largely in charge of the cleanup work there.

Tepco has struggled to deal with the hundreds of tons of groundwater seeping each day into the plant’s damaged reactor buildings, where it is contaminated by the melted nuclear reactor cores. To keep the radioactive water from running into the Pacific, the company must pump it out of the reactor buildings and store it in rows of huge tanks it has erected on the plant’s grounds.

So far, Tepco said, about 340,000 tons of water have accumulated in the tanks, enough to fill more than 135 Olympic-size swimming pools. A ton of water is equivalent to about 240 gallons.

ベータ線を出す放射性物質は2億4,000万ベクレル、過去最高の濃度
汚染水の保管、進まない事故収束、未解明の毎日数百トンに上る汚染水の流れ込み実態

マーティン・ファクラー / ニューヨークタイムズ 2月20日


東京電力は20日木曜日、福島第一原発内の数百基の地上タンクの内のひとつから、過去最高濃度の放射性物質を含む汚染水約100トンが流出したと発表しました。
その流出量はこの半年間で最悪のものです。

東京電力は汚染水漏れは19日水曜日に発見され、翌日に止めることが出来たと発表しました。
そして発生個所は海からは遠く、これまでの汚染水漏れ事故同様、太平洋に流れ込む可能性は無いと語りました。

しかし今回の事故は、福島第一原発の現状が、汚染水の保管と事故収束・廃炉作業に非常に難渋しており、その前途も容易ではないこと、そして未だに毎日数百トンに上る汚染水が海洋中に流れ込んでいるにもかかわらず、その詳細な実態を把握できていない事を改めて思い知らせる、苦い出来事となりました。

東京電力は今回の事故の原因は、本来閉じていなければならないはずの弁が、人為的ミスにより2か所で開けっ放しになっていたことによるものだと語りました。

今回漏出した汚染水は、2011年3月に襲った巨大地震と巨大津波がきっかけとなり、福島第一原発の3基の原子炉がメルトダウンを引き起こした事故において、最も汚染のひどかったものの一つです。


東京電力によれば、今回漏出した汚染水には平均で1リットル当たり、ベータ放射線を放出する放射性物質が2億3,000万ベクレルと、これまでで最高値の放射性物質が含まれていました。
放射性物質のうちおよそ半分はストロンチウム-90で、人間の体内に入るとカルシウムとして認識され、骨に吸収され骨肉種や白血病を引き起こす場合があります。
汚染を示すこの数値は、日本政府が飲料水の限度としている安全基準の380万倍に達します。

この数値は今月の始めに東京電力が発表した、福島第一原発の施設内で回収された地下水よりも汚染がひどいことを表しています。
この時計測されたのは1リットル当たり500万ベクレルで、それ以前の発見場所よりももっと海に近い部分で採取されました。
東京電力は5カ月の間この汚染水漏れについて公表せず、批判を浴びていました。

事故発生以来、東京電力は問題の認識と状況把握が常に後手に回り、福島第一原発の真実の状況について隠せるものなら隠そうとする態度に終始し、その都度批判を浴びてきました。
それにもかかわらず、日本政府は福島第一原発の事故収束・廃炉作業を東京電力一社に任せきりにしてきました。


東京電力は破壊された原子炉建屋の地下部分に、毎日大量に流れ込んでくる地下水の処理に苦しんできました。
その量は一日あたり数百トンに上り、破壊された原子炉の炉心やメルトダウンした核燃料によって著しく汚染されてしまいます。
この高濃度の汚染水が太平洋に流れ込まないようにするため、東京電力は建屋の地下からポンプによってくみ出し、それを福島第一原発の敷地内に林立させた巨大な汚染水タンクに流しいれる作業を絶え間なく続けなければなりません。

東京電力によればこれまでこうして貯まってしまった高濃度汚染水の量は約340,000トンに上ります。
この量はオリンピック・サイズのプール135杯分以上になります。



BBCも同様に報道
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-26254140
21:47  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ayotte.blog73.fc2.com/tb.php/2454-84dd3982

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |