ソーシャルネットワーキング
SOUNDS BRASS AND AYOTTE BLOG The Audition

2014'04.08 (Tue)

The Audition


ボストン交響楽団のオーディションについてのエッセー

The Audition

マイク Tetreault はこの瞬間のための執拗な準備に一年の大半を費やしてきた。
彼は 平日20 時間、際限なく、練習し、彼の個人的な生活を捧げたのでした。
現在、パーカッショニスト ボストン交響楽団選定委員会を印象づけるために
彼は10 分の時間を与えられています。
1 つのミスとそれ以上の。
完璧なパフォーマンスは、
世界で最も有名なオーケストラの参加でした。

マイク Tetreault、背の高い、やせ気味の赤毛が、
交響曲ホールの側のドアを通って入ります。
場所は、マサチューセッツ アベニュー 通りになます。

1 月下旬午後 5 頃、
彼は警備員と挨拶を交し、68kgのツァー用のマレット、スネアドラム (タンバリン)等が詰められたローラー バッグと格闘しながら、地下へ降りて行きます。
残りの楽器はボストン交響楽団によって用意されます。

シンフォニー ホールの地下 2 階のビロードのような豊かさとは対象に、
ここでは、コンクリートの壁と過酷な蛍光ライト だけで寒いです。
練習室に入る途中で、
彼は交響楽団のツアー中使うにハープ、ティンパニを保護するために準備ができてそこら中に散らばっているケース類の特大楽器に気づきます。

Tetreault、コロラド州ベースのパーカッション奏者、すでに世界的に有名な BSO で 2 つの席のいずれかのオーディションに狂いそうになる心拍数に気がつきます。
彼は、他の候補の一覧を読み、知らない名前の束を参照してに満足しているです。
若い、彼は彼自身を安心させます。経験の少ない。
うまくいけば、それは彼のための利点となります。

Facebook、オンライン メッセージ ボード、および関連の雑誌2 つに、
BSO パーカッショニストが任期を満了されていたので、
退職のと同じくして、募集については知っていました。
Tetreault は、彼のかつての学友から 2 番目のオーディションについて知っていました。

Tetreault は彼は、ギグのワークを 100 時間週で入れていた
ガリラヤ バプテスト教会で音楽監督を兼任コロラド大学; 教育ボールダー ・
フィル ハーモニー管弦楽、フォート コリンズ交響楽団、
コロラド バレエ、コロラド交響楽団とオペラのコロラド州の様々 なギグをこなします。

彼は生活のために彼が愛したものをやっていたが、
それはすべてでかろうじての生活だった。
彼は前の年では、彼の妻(レイチェル)と一緒に567万円 を稼ぎ、
2010 年にコロラド州の交響楽団と。カップルは、625 平方フィート 1 つベッドルームのアパートに住んでいました。

シンフォニー ホールで彼の練習部屋を待って
Tetreault に思い出させる彼自身彼は BSO のスポットを獲得することができる場合は、
彼の存在そのものが変換されます。
その課題を認識し選択したプロセスは残酷であり彼の仕事の土地の場合でも
保証はありません。
オーケストラは天の恵みですが、非常に少数の人がそれを作るため。
1 年に 1 032万円を支払います。
あなたは健康上の保証を得る。
あなたの休暇を得る。
ごく普通の生活を得る。
BSO はオーケストラのミュージシャンのための
世界中の音楽の仕事のための一握りの一つであります。
Tetreault のような彼らを練習際限なく?ヶ月間、家族や個人的な時間を犠牲にします。
彼らはする必要があります。

クラシックのオーディションは世界で最も厳しい就職の面接の中でランク付けされ。
申請しても 10 分で彼は他の世界的なミュージシャンのラインナップの中で際立って、
印象に残る方法でプレーします。
Tetreault は、名門度ロチェスター大学イーストマン音楽、
ロンドン王立音楽院大学院からおよび世界有名なChristopher Lamb に師事します。
音の窒息 BSO の奇妙な木琴バーをスケーリングし、いくつかのノートを逃す彼は点線のリズムを 失敗した場合、何もかも全部は終わってしまいます。
この方法のオーディションのプロセスをまとめている

練習スペースの Tetreault 。
人の打楽器奏者のウォーム アップ、
仕掛け時計の 10 分の 1 つの練習室でその後に、
次の木琴を準備して、自らの神経と戦っています。


オーディションを受ける Tetreault の時間が来ると、
彼上の階につながる階段ををあがります。
ステージ ライトは明るい。
彼に気づく最初の事は床の傾斜はわずかに前方です。
彼は通知 2 番目なので、他のものは彼を聞く事ができます。
多くの擦れる音がある-陪審員は落ち着きがないです。
しかし、彼は誰も見ることができません。
画面は公平な判断を確保するために彼のアイデンティティ
を隠すオーディション委員会から彼を分離します。
Tetreault はすぐに彼がプレーできるようにマレット楽器を研究します。

ふぇ~~、長かった。
拙い翻訳ですいません。
2章は、また時間のある時ににでも、、、
翻訳機を使用しても楽しめますが、
最後から読むのは止めた方がいいですよ。
22:41  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ayotte.blog73.fc2.com/tb.php/2511-6092027c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |