ソーシャルネットワーキング
SOUNDS BRASS AND AYOTTE BLOG Moon

2014'11.08 (Sat)

Moon




昨日、今日と明るく大きな月を見る事ができました。
100何年かぶりの月は雨で見る事ができませんでしたが、
深夜に外に出てみると雲の間から顔をみせてくれました。
なんだか愛しい子が顔をみせてくれたようで
この上なく優しい感情を抱くのでした。

月のお話では、兎と月や太陽と月などが思い出されます。
幼い頃はかぐや姫などを母がよく寝る前にお話してくれました。

たとえばこんな話も

ある国の王様が三人の息子のうち誰に後を継がせるか困ってしました。
そこで王様は、魔法使いにいい方法はないか相談することにしました。
魔法使いは王国で一番高い山に行って月の花を取ってきたものが後継ぎにふさわしいと言いました。
三人の息子は山に向かったが二人は途中で諦めてしまいます。
残った息子の一人だけが頂上に到着しました。
頂上にはコウノトリが住んでいて満月の夜月に飛ぶというお話を思い出します。
息子はコウノトリに連れられ月に向かいました。
そこには月の花の咲く池を守る大蛇おりましたが、大蛇と戦って勝利を収めます。
そして悪戦苦闘の末に月の花を取る事ができました。
息子は月の花を王国に持ち帰り、庭に植える事にしました。
後継ぎを得た王様は、今度は嫁を探せと言いました。
ある日の夜中突然に、庭に植えた月の花が歌を歌いだします。
息子も歌で返し、月の花のいうとおり
花を摘み取って池に浮かべました。
翌日の早朝、月の花は美しい娘になっていたのです。
息子はその娘と結婚して王国をいっそう豊かにしました。

おしまい。

どこかの国の民話より…





05:37  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ayotte.blog73.fc2.com/tb.php/2788-cc9f5f84

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |